コスメとスキンケアをしっかりすることで、毎日気持ちいい肌を手に入れる。

朝のスキンケアに必要なipsコスメティックスについて

ipsコスメティックス
忙しい朝のスキンケア、大切だとは分かっていても、ついつい手抜きしてしまうと
如実に顔に出てしまうということでお悩みの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

朝のスキンケアは、お化粧前に大切なのですが、
どんなコスメティックスが朝ケアに適しているのでしょうか。

適している

夜用のケアとは別のケアとして、コスメティックスのラインナップを
揃えているブランドやメーカーもありますし、 最近では
オールインワンタイプのコスメティックスも、人気の高い商品です。

例えば、BBクリームや、オールインワンジェルで、時短メイクだけれども
しっかりとケアができるというコスメティックス商品が人気が高いです。

コスメティックスの成分としての加水分解コンキオリンについて

これは、女性は、家事をされる方のほかに、育児などで忙しい方もいらっしゃいます。
メイクの時間がしっかりとれない。 メイクを治す手間がないという人に
大変便利なアイテムです。

こうした時短メイクのアイテムというのは、スキンケアに関わらず沢山登場し始めています。

時間短縮

また、仕事をもっている方からすると、時短メイク、時短家事などで
人気が集まっているのです。

それだけ忙しい女性が増えたということでしょうか。
手抜きはしているけれど、しっかりケアが、最近のコスメティックスの主流です。

真珠から採取される希少な美容成分「加水分解コンキオリン」の効果

パールとも呼ばれる真珠から採取される希少な美容成分はグリシン含有量が多く、保湿性が高いので乾燥肌を保護することができます。

宝石で有名なパールですが、古来より美容にも使われてきた歴史があります。
漢方でもパールの粉は有名で、削ったパールの粉は16世紀に中国で発表された薬学書の中にも肌に潤いを与えると記載されています。
研究が進んだ現代では、抗ヒスタミン作用が広く知られます。

漢方薬にも使われているパールの粉は、現在でも女性を中心に高い評価を受けています。
パールは、交互に結晶層と結晶層間有機基質が積み重なっています。 煉瓦壁のような構造で、結晶と結晶の間に結晶粒間有機基質があります。
有機基質が結晶尾内部に分布しているのも特徴のひとつです。
グリシン含有量が高いということは、保湿性の高さにもつながります。

日本人女性は乾燥肌の人が多いですが、乾燥が続くと肌のバリア機能が弱くなり肌トラブルの原因になることがあります。高い保湿効果が期待できる美容成分を活用することで、肌の潤いを保つことができます。 毎日のスキンケアで肌の潤いを保つことができると、弱くなっていた肌のバリア機能も徐々に回復します。 バリア機能が回復することで、健やかな肌へと導くことができます。

 

肌トラブルを防ぐための朝のスキンケアの重要性!夜間も皮脂分泌はある…

顔の皮膚は非常にデリケートな部位でもあるので、洗顔時は出来るだけ摩擦を与えないように丁寧にケアをしているという方は少なくありません。
また人によっては洗浄力の高い洗顔フォームの利用はかえって肌が乾燥してしまう原因になると、朝の洗顔は水だけで済ませているという方もいます。

夜のスキンケアとは異なり、朝は肌がさほど汚れていないのに洗顔料を利用する必要がないと思っている方は多いですが、基本的なスキンケアとして朝は必ず洗顔料を利用して汚れを洗い流すことをおすすめします。
寝ている間に人は汗をかきやすいですし、枕やシーツには埃などが付着しているため寝返りを何度も繰り返すことで肌は汚れた状態になっています。

埃などの汚れであれば、水で洗い流すだけでも十分ですが就寝時に皮脂分泌が行われると洗顔料を使用しないと汚れは落とせません。
元々皮脂は肌表面に膜を作ることで、外部からの刺激から肌を守るバリア機能の役割を持っています。

しかし皮脂分泌されてから時間が経つと、皮脂に含まれているトリグリセライドという物質が変性皮脂に変化する特徴があります。
この変性皮脂は肌のバリア機能やターンオーバーが低下する原因となったり、水分が保持されにくくなり、毛穴の拡張や肌のキメの乱れ、炎症など様々な肌トラブルの原因に繋がります。

そのため少しでも健やかな肌を維持したいのであれば、朝起きたら洗顔料を利用して丁寧に顔に付着した汚れを洗い流すことが大切です。皮脂分泌がされやすい鼻やこめかみ、顎やおでこといった部分は、念入りに汚れを落とすように心がけましょう。朝の洗顔を習慣つけることで、肌トラブルを未然に予防することが出来ます。
自然と肌のキメが整い日中のTゾーンのテカリによる化粧崩れや毛穴が目立ちにくくなるメリットがあるので、美肌を目指す方は朝の洗顔こそ丁寧に行うことが大切です。

日中になると肌は大気汚染や紫外線、乾燥など様々な刺激にさらされやすく、敏感肌になるとバリア機能が低下してしまうので通常よりもダメージを受けやすくなる恐れがあります。
これらの刺激にも動じない健やかな肌を手に入れるためには、朝のスキンケアで洗顔後にしっかり保湿を行うことが大切です。
汚れが十分落とせれば化粧水による潤いの浸透率も高くなりますし、補った潤いを閉じ込める乳液やクリームを併用することで、バリア機能を高めるケアが行えます。

この過程を怠ってしまうと、インナードライ肌など慢性的な乾燥トラブルが起こりやすくなる恐れがあるので、気をつけるようにしましょう。